バストサイズに不満を抱く理由とは?

バストサイズに不満を抱く理由とは?

バストサイズは人それぞれですが、どんなサイズであれ、自身のバストサイズにコンプレックスを抱く女性は少なくありません。

多くの場合、「バストがもっと大きくなればいいのに・・・。」と小さすぎるバストサイズに悩んでいるケースですが、中には「小さなバストの方が羨ましい!」と大きすぎて悩んでいる方も少なくはありません。そもそも、私たち女性はなぜバストサイズに満足できずにいるのでしょうか?

バストサイズにコンプレックスを抱く理由は、大きくわけて二つあると言われています。

一つ目は〝男性からの目を気にしてバストサイズを変えたいと感じている〟という理由。そして二つ目が、〝自己満足できる理想のサイズが存在している〟という理由です。

一つ目の理由は、大なり小なり多くの女性が感じているのではないでしょうか。バストというものは体の中でもセックスシンボル的な存在です。

男性が「この女性は魅力的だ」と感じる要素の中には、ほとんどの場合バストサイズが含まれています。もちろん、バストサイズだけを基準に女性の良し悪しを決めているわけではない、という男性も存在しているでしょうが、やはりよく聞く意見は「大きい方がいい」といった意見でしょう。

よりよく思われたい、魅力的だと印象づけたいことが理由となっている女性は本当に大きのではないでしょうか。

二つ目の理由は、挑戦したいファッションがあったり、自身のボディラインを見つめてバランスが良くないと感じているケースです。場合によっては、もっと小さい方がバランスがいいと感じている女性もいらっしゃるかもしれませんね。

バストは大きければ大きいほど言い訳ではありません。おしゃれを楽しみたい時、時としてバストは邪魔な存在にもなってしまうのです。悩みに正解も不正解もありませんが、バストサイズに関して言えば、二つ目の理由の方が冷静かもしれません。バストは「大は小を兼ねる」とはいかないのです。

あなたの体全体を見たとき、ちょうどいいサイズ・魅力的なサイズはその人その人で異なります。バランスのとれた、美しいボディラインを目指したいものですよね。やみくもにサイズアップを目指すのではなく、「こうなりたい」とビジョンを持つことはとても大切なのです。

↑ PAGE TOP