授乳後のサイズダウンにオススメのバストアップ法

授乳後のサイズダウンにオススメのバストアップ法

「出産後、赤ちゃんにオッパイをあげている期間は巨乳になれる」こんな話を聞いたことはありませんか?もともとバストの小さなタイプの女性であっても、確かに授乳期間の間はバストが大きくなることがあるでしょう。

いままでコンプレックスだっただけに、とっても嬉しく感じてしまうかもしれません。しかし、授乳期間の後にはバストの落とし穴があるのです。

授乳期間の間、オッパイで張っている状態だったバストも、授乳が終わればしぼんでしまいます。それどころか、あったはずのハリが失われて、垂れやすくなってしまうのです。

もともと巨乳タイプだった女性が、授乳が終わった後に2カップもサイズダウンしていた・・・、というケースも珍しくありません。

もちろん、必ずしもすべての女性が授乳後にサイズダウンしてしまうというわけではありませんが、それまで大きくなっていたバストだけに、その後のサイズのギャップに悲しくなってしまう女性もいらっしゃるのです。

個人的な経験談ですが、授乳用のブラジャーにもその原因があるのではないか?とも感じます。授乳用のブラジャーは、普通のものと比べてサポート力も弱く、毎日つけているうちに両脇やお腹に脂肪が流れているのかもしれません。実際に私自身、出産・授乳を経験するたびにバストサイズは小さくなってしまいました。

そんな授乳後のサイズダウンには、マッサージによるバストアップ法がオススメです。自宅で行うマッサージはもちろん、エステサロンで行われているマッサージも効果的で、サイズアップ以外にも、バストの形や位置を改善、ハリや若々しさのキープにも効果が期待できます。

マッサージによって血行やリンパの流れが促され、胸部のハリを取り戻すことはもちろん、両脇や背中・お腹に流れてしまった脂肪を元の位置にもどし、サイズップにも有効だと言われています。出産・授乳を経て、女性としての自信が失われかけている女性に、ぜひ試していただきたバストアップ法です。

↑ PAGE TOP