女性の誰もが憧れる美しいバストの条件!

バストアップサプリ 女性にとって美しいバストとは?



女性にとって非常に重要なパーツであるバストですが、ただ大きければ良いという訳ではありません。闇雲にバストアップサプリを摂ることに意味はないのです。自分の体型にあった適度なサイズで、美しいシェイプのバストを理想とする女性は多いことでしょう。

では、現代女性が求める「美しいバスト」の条件にはどのようなものがあるのでしょうか。

まずバストトップです。トップの大きさについては、身長のサイズに準じた基準値というものがあります。通常、身長(cm)の53%~55%の値がバストトップの最適値と言われています。

例えば身長158cmの女性であれば、理想的なトップサイズは83.7~86.9cmというところになります。

又、バストトップとアンダーの差の理想値は15cmと言われています。カップで言うと「Bの強~Cの弱」程度になります。ご自分の理想と比較してみると良いでしょう。

また、全身のバランスで見た場合は、バストトップサイズとヒップサイズがイコールくらいのプロポーションがベストと言われています。俗に言う「洋ナシ型」のプロポーションは、ヒップサイズがバストサイズより大きい方になります。

バストで重要なのはサイズだけではありません。その肌質も重要なポイントです。色白で、きめが細かいバストの肌質は、女性にとって憧れと言えるでしょう。

このような肌質を保つために大切な事として、入浴時にバストを洗うタオルの材質があります。人間のお肌は、化学繊維等のタオルで洗うと、くすんでしまう性質があります。素手や綿、麻といった素材で、デコルテからバストを洗う事が重要です。

その他気をつける点として、汗があります。人間の汗の殆どは上半身から排出されます。特に、バストからお腹にかけては、発汗作用が一番強い部分です。胸の谷間等の汗を放っておくと、老廃物が蓄積して、くすみの素になる恐れもあります。

入浴時にバストを洗うタオルの材質に注意して、汗に気をつけて清潔にしていれば、きっと綺麗な肌質のバストを手に入れることが出来るでしょう。

過剰なダイエットはバストアップを妨げる!

バストが大きくて、ウエストが細くって・・・。 女性のボン、キュッ、ボン!は男女問わず誰しもが憧れる魅力的なボディラインです。

近年では、モデルのような細い体に憧れて、小学生の女の子でもダイエットをしている事があるようですが、 ダイエットとバストアップはなかなか両立しませんよね。

多くの方がご存知の通り、私たち女性のバストの大半が脂肪で形成されているのです。

とくにダイエットをすると、首回りや胸元の脂肪がまず落ちていきます。 「体重は落ちたけど、胸まで痩せちゃった!」という経験は、多くの女性がお持ちなのではないかと思います。

せっかく痩せて目標の体重に近づけたとしても、バストサイズがダウンしてしまうようでは嬉しさも半減ですよね。 痩せてキレイになりたい!でも、バストはもっと大きくしたい!という願いはなかなか叶いません。

ダイエットとバストアップを意識している女性に気をつけていただきたいのは、 ダイエットはほどほどのラインで止めておく、という事です。

なんだか聞き飽きた言葉にも思えてしまうでしょうが、聞き飽きるほど多くの方が言っていて、 それほど大切なポイントだという事を忘れないでください。

行き過ぎた食事制限はしていませんか? バストアップには、食事内容の改善も効果的です。 もちろん、その食事内容はダイエットを意識したものではなく、 体に良いとされるもの、またなバストアップに良いと言われている食材を積極的に摂取する事です。

食べすぎれば、確かに太ってしまうでしょうが、全く食べないでいればバストが成長するという事もないでしょう。

また、短期間に急激な体重減少を目指したダイエットになっていないでしょうか? 無理なダイエットはバストアップを遠ざけるどころか、健康や美容を脅かします。

バストを形作っている、じつに90パーセントが脂肪だと言われています。 脂肪が材料となってバストは成長していくわけですから、 当然バストサイズを大きくしたいなら脂肪をつけなくてはいけません。

こう考えれば、脂肪をつけないダイエットがいかにバストアップを邪魔しているかがわかりますね。

贅沢!?バストが大きすぎて悩む女性について

自分のバストサイズに対するコンプレックスの代表といえば、やはり貧乳ですね。バストのサイズが気に入らない、と聞くだけで、ほとんどの方は「バストが小さくて悩んでいるんだな。」とイメージされると思います。

ところが、意外に思われるかもしれませんが、バストサイズの悩みは貧乳だけだとは限らないのです。逆にバストが大きすぎてコンプレックスに感じている女性も珍しくはありません。

「バストが大きすぎて悩むなんて、なんて贅沢な悩みだ」と感じるかもしれませんが、 実際に大きすぎるバストを持つ女性は案外露出の少ないファッションをしていますね。

自身のバストをチャームポイントだと感じているのであれば、きっと自慢のバストを活かした服装になるはずです。大きすぎるバストを隠すような服装で、コンプレックスを表に出さないようにしている女性は珍しくありません。

大きなバストの持ち主が、胸元の開いたファッションをしてしまった場合、確かにセクシーで魅力的に見えるでしょうが、その反面で好奇の目にさらされる事もあるのです。

想いを寄せる男性はもちろん、職場の同僚、上司、外出先ですれ違う他人・・・。あらゆる人から性的な目で見られる事は、当の本人にしてみれば喜ばしい事ではないでしょう。

また、気になる男性へのアピールとしての武器になる反面、そんな彼からもいやらしい目でしか見てもらえなかったとするなら・・・。女性としてとても悲しい事にも感じてしまうはずです。

女性としての魅力を感じてくれるのは嬉しいことですが、外見のなかには内面があって、本当に好きな人にはそこを見て欲しいと感じませんか?

また、バストサイズが大きすぎると逆にファッションが決まらない、という点も悩みの種です。太って見える事を気にしている方も少なくはありません。

このように、バストは一概に大きければ良いというわけではありません。「バストを大きくしたい!」と目標に向かって努力する事は大変素晴らしい事ですが、バストだけでなく、一人の女性としての魅力をアップさせる事も同じように大切です。